スタッフブログ

こんにちは。

 

営業部の井上あきらです。

 

もう一台展示車を入れ替えましたのでお知らせします。

 

 

XF プレステージのガソリンモデルです。

 

ボディカラーは人気のグレシャーホワイトです。

 

 

オプションのLEDヘッドランプです。

 

グリルの周りなどオプションのブラックパックで黒になってます。

 

因みに、ヘッドランプ下側のグリルにあります、こちらもブラックパックで黒くなったバーですが

 

西麻布にもなかなか無いような隠れ家的なバーでわかりにくいですが

 

なんと、こちらのバーは、戦時中ジャガーは戦闘機などを製造していた歴史があり

 

プロペラをモチーフにしたものです。

 

こちらのサイドベントもブラックパックで黒になってます。

 

ホイールはオプションの20インチをはいてます。

 

見て下さい!!!この低い着座位置!!!これぞジャガーのジャガーたる所以です。

 

そして低く抑えられたルーフでグラスエリアが狭くなってます。

 

この辺りのデザインがスポーティなデザインに一役買ってます。

 

シートに座ると首から上が窓から出るくらいの低い着座位置

 

ジャガーですよね〜。

 

 

エンジンをかけると、シルバーの部分のエアコン吹き出し口が現れます。

 

これ、先代XFで採用されていたものが継承されてます。

 

 

ドアからダッシュボードにかけてまる〜くなっているデザインは

 

最近のジャガーのアイコンで

 

クルーザーや、ヨットをモチーフにしています。

 

リバーフープって言います。

 

ジャガーのリバーフープは半円ですが、もう少し丸いとフラフープになっちゃうんですかね。

 

名前も似てますし。

 

 

このドアのパネルの二段使いが新しいですよね。

 

一般的なドイツ車や国産高級車とは、パネルの使う箇所なんかも違いますよね。

 

因みに上側のウッドはオプションのグロスバーウォールナットです。

 

巷で流行り??の木目調とは雰囲気が違います!!!

 

非常にまとまってすっきりした最新のジャガーのインテリアです。

 

オプションで前席シートクーラーとシートヒーター、後席シートヒーターがついてます。

 

後席の居住性はセグメント最大級です。膝前もゆったりです。

 

しかも今回の新型XFはシックスウインドウと呼ばれる窓をボディ側につきましたので

 

運転時の死角の減少、リアシート乗員の快適性、乗り降りする時リアドアが短くすることができたので

 

少し狭い場所でも乗り降りが非常に楽になりました。

 

こんなメリットイッパイのシックスウインドウですが

 

大きなデメリットがあります。

 

製造コストがかかっちゃうみたいです。

 

なかなか今回の新型XFもアルミボディしかり

 

コストをかけて造られてます。

 

ギアのセレクターです。

 

エンジンをかけるとせりあがってきますが

 

エンジンを切るとスッキリ収納されて真っ平になります!!!

 

スタイリッシュですよね〜。

 

その他オプションですが

 

アダプティブダイナミクス(XFの上質な走り、足回りがより洗練されます。)

 

ブラインドスポットモニター/ リバーストラフィックディテクション(サイドミラーが点灯、点滅して死角に入った車両を知らせたり、後方から猛スピードで来る車両を知らせてくれます。)

 

プライバシーガラス(後席とリアのウインドーのスモークガラス)

 

がついてます。

 

非常に人気のあるお車の人気の仕様ですが

 

まだそんなに街では走ってません。

 

結構他の車からの注目の的です!!!

 

御興味頂きましたら是非お電話でお問い合わせ下さい!!!

 

皆様のお問い合わせ、御来店心よりお待ちしております。

 

 

 あっ失礼しました。

 

こちらはショールームで体験頂けますバーチャルドライブです。

 

是非ショールームにお越し頂いた際にどうぞ。

 

2016/09/24 16:39:28
|< 前の記事へ | 次の記事へ >|

新着記事

過去の記事

カテゴリー