スタッフブログ

こんにちは。

 

営業部の井上あきらです。

 

今回ショールームに入れました展示車ですがレンジローバースポーツのSEというグレードです。

 

このレンジローバースポーツはハッキリ言ってメチャクチャお得です。

 

何故そんなにお得かは後程。

 

よくお客様から

 

レンジローバーとレンジローバースポーツって

 

どうちがうんですかと言われます。

 

ハッキリいって、説明に困ります。

 

非常に見た目も含めよく似ているんですが、全く違います。

 

 

まず共通する部分ですが

 

全幅とホイールベース(スタンダードホイールベースの場合)が同じ。

 

要は運転した時の車両感覚が殆ど同じなんです。

 

(全長はレンジローバーの方が長いです。主にリアオーバーハングが長くなってます。

 

全高はレンジローバースポーツの方が低いです。)

 

オールアルミボディを共に採用。

 

エンジンラインナップも共通。

 

レンジローバーとレンジローバースポーツの違いですが、

 

おおざっぱに言うと、レンジローバーはラグジュアリー寄り

 

レンジローバースポーツはスポーツ寄り

 

になってます。

 

ただ、レンジローバーでも高速で片手で追い越し車線を飛ばして運転していても

 

安定している位、運動性能は高いですし

 

レンジローバースポーツだとラグジュアリーではないのか

 

というとそうでもないです。

 

まず、2つの車の大きな違いは標準装備の充実度の違いです。

 

そしてそして!!!

 

 

大体ザックリと400万円くらいはレンジローバースポーツの方が車両本体価格を比べるとお求めやすいんです!!!

 

もっとわかりやすく言うと、例えば

 

ビックサンダーマウンテンとビックサンダーマウンテンスポーツがあるとしたら

 

ビックサンダーマウンテンより400万円安くて

 

ビックサンダーマウンテンより刺激的な

 

何か

 

それがレンジローバースポーツです。(わかって頂けましたか???汗)

 

もっと伝わりやすく言うと、もし目の前にレンジローバースポーツが2台買えるお金があったとしたら

 

 

 

 

私なら間違いなくレンジローバーを1台買うのではなく

 

 

 

 

レンジローバースポーツを2台買いたい気持ちを抑え

 

 

 

 

レンジローバースポーツを1台買って

 

 

残りの半分のお金を次のレンジローバースポーツが出た時の為に置いておきます。

 

今、な〜んだレンジローバースポーツ2台買わないんかい!!!とツッコミそうになった方は

 

是非私の代わりに1台買って下さいっ!!!

 

その程度、ではなく、それ位強く私はレンジローバースポーツをオススメします!!!

 

レンジローバーは約50年の歴史があり不動の人気です。

 

レンジローバースポーツはレンジローバーに比べると歴史はまだ浅いですが

 

今レンジローバースポーツの人気が急上昇中です!!!

 

 

 ↑ 白いボディカラーのレンジローバー、レンジローバースポーツはトレンド??白は車の定番では御座いますが、レンジでは余り街で見かけないので新鮮です。

 

 

 ↑ 大きいリアスポイラーにブレーキランプ。レンジローバーはこの倍くらい長さのランプです。

 

リアスポイラーの影にリアワイパーが御座います。

 

新採用のバックカメラウォッシャーが向かってナンバープレート右に見えます。

 

 

 

↑ SEグレードではオプションのブラインドスポットモニター。

 

自動防舷ミラーとのセットです。

 

後ろの車からのライトなどでまぶしくなるのを防ぎます。

 

上の写真のミラー右上の部分がオレンジ色に点滅、点灯して死角に入った車や、後ろから高速で近づいて来る車が来ると知らせてくれます。

 

レンジローバースポーツの特徴の一つ。サイドベントとボンネットベント。

 

 

↑ オプションの20インチホイール。

 

 

↑ レンジローバーとホイールベースは同じです。主に全長の違いは切り詰められて短いリアオーバーハング。

 

 

↑ 非常にランドローバーの車はグレードの違いを判別するのが難しいですが、識別点の一つがこちらのバッチ

 

 

↑ 1列目のシート

 

非常にホールド性の高いシートです。

 

1列目は標準でシートヒーターがつきます。

 

グレードやオプションで1列目、2列目共にシートヒーター、シートクーラーの設定が御座います。

 

レンジローバーと違いマッサージシートの設定がレンジローバースポーツには御座いません。

 

 

↑ センターコンソール。他のランドローバーの車と違いレンジローバースポーツだけギアセレクターは、このステックタイプ。

 

ハザードランプ下にある3つの丸いボタンですが、非常にシンプルでいて、使いやすいです。

 

こちらのボタンですがダイヤルを回して温度を調節できます。

 

シートヒーターをつけたり、ヒーターの強弱を調整したい場合、今まではタッチディスプレイからのアクセスでしたが

 

現行モデルはボタンを押すとエアコンの温度と、シートヒーターの作動、調節

 

(シートクーラーも設定あるものですとシートクーラーも作動)を切替でき、感覚的に使えて非常に便利です。

 

 

↑ 2列目シート。レンジローバーに比べてヘッドクリアランスは少なくなりますが、それでも十分な高さが確保されております。

 勿論中央のお席もゆったり座れます。

 

 

↑ 2列目のエアコンスイッチです。オプションでリアシートヒーターがついていてそのスイッチもあります。

 

 

↑ 水平なダッシュボード。

 

そして、サイドのウエストラインが1段低くつくられていて

 

非常に高いドライビングポジションと相まって見切りが非常にいいです。

 

これはランドローバーの車の特徴です。

 

一番私がその恩恵を受けるのが、左折する時と、左に進路変更する時の目視のしやすいところ。

 

まるで煙突のテッペンからの見晴らしのようです。(ちょっと言い過ぎ??)

 

また大雨の夜など、悪条件での運転でも安心です。

 

そんなにオフロードを走る機会はなかなか無いですが

 

東京、都心、街中は急に自転車が飛び出して来たり

 

狭い道でのすれ違いなどなど

 

まさにジャングルと言っても過言ではないでしょう。

 

 

↑ 二列目の真ん中の席からの眺め。

 

ランドローバーの車はスタジアムシートを採用。

 

後ろのお席からも見晴らしが良く、一列目の方と同じ景色を見ながら

 

会話も弾みます。

 

 

そしてこの車についています、その他オプションです。

 

ACC(アダプティブクルーズコントロールの略です。設定した速度で追随走行します。)

 

コントラストルーフ(ルーフがボディカラーの白と違い黒色です。)

 

メタリックペイント

 

パドルシフト(SE以外は標準装備)

 

フロアマット(SEとHSEでオプション)

 

ツインブレードサンバイザー(サンバイザーを前とサイドに展開可能。前からと横からの日光対策に。また

 

前からと横からのパパラッチ対策なんて方にも笑。)

 

何度も言いますが、レンジローバーより400万円位お求めやすくなってます。

  

特に一番ベースのSEグレードは

 

もっともシンプルな装備ですが

 

レンジローバーグループとしての走り、乗り心地等

 

既に4代目でどんどん高級志向になって、金額もドンドンはねあがっていっているレンジローバーですが

 

豪華さだけではないレンジローバーの魅力

 

原点に返ってレンジローバーとしての本来の魅力を強調させたようなレンジローバー

 

それがレンジローバースポーツなんではないでしょうか。

 

街でみるレンジローバーは黒、紺、シルバー系が多いですが

 

白のレンジローバーは新鮮で今後のトレンドになるのではと思います。

 

是非一度ショールームにお越し頂いて下さい。

 

それとレンジローバースポーツの試乗車が新しくなりました。

 

大変人気で試乗車が使用中のことも多いです。

 

試乗をご希望の場合は御来店前にご予約をオススメ致します。

 

皆様からのお問い合わせ、皆様の御来店心よりお待ちしております。

 

 

 

2016/10/08 13:56:19

新着記事

過去の記事

カテゴリー